蛇口の水漏れはなぜ起きる? 原因と対処法を紹介

皆さんこんにちは。愛知県名古屋市を拠点に、名古屋近郊で水まわり設備の修理・交換や、水まわりリフォームなどを手掛けているハイイ工業です。


みなさんのご自宅のキッチンや洗面所では、蛇口からポタポタと水漏れが発生していませんか? 水漏れは水道代の無駄になる上に、蛇口まわりの劣化を引き起こすこともあります。放っておくと症状が悪化し、さらに大量の水が漏れてくることもあるので、早めの対応が大切です。ここでは、蛇口の水漏れの主な原因や対処法をご紹介します。




■水漏れの4つの原因と対処法



蛇口の水漏れは主に4つの箇所から発生し、どこから漏れているのかによって原因も異なります。発生箇所別に水漏れの原因を見ていきましょう。



・ハンドルやレバーからの水漏れ

ハンドルやレバーから水漏れが発生している場合、考えられる原因は2つあります。1つはボルトやナットの緩み、もう1つはパッキン・コマ・バルブといった内部パーツの劣化です。緩みが原因なら締め直せば水漏れは止まり、パーツの劣化が原因でも比較的簡単に修理できます。



・吐水口からの水漏れ

蛇口をしっかり閉めているのに吐水口(水が出てくる部分)から水が漏れる時は、フィルターやカートリッジが汚れている可能性があります。パッキンなどの劣化と同じく、パーツの交換で改善可能です。



・パイプの付け根からの水漏れ

蛇口につながるパイプの付け根から水漏れが発生しているなら、「ボルトやナットの緩み」「内部パーツの劣化」「フィルターやカートリッジの汚れ」のすべてが原因として考えられます。まずはボルトやナットを締め直してみて、それでも止まらなければパーツの交換を考えるといいでしょう。



・壁面の設置部分からの水漏れ

蛇口が壁面に設置されていて、壁面の設置部分から水漏れしている場合は、接合部のパッキン・ネジ巻き部分・シールテープなどの劣化が原因として考えられます。また、配管内部が詰まっている可能性もあります。劣化が原因なら比較的簡単に補修できますが、詰まりを無理に取ろうとすると汚れを奥に押し込んでしまうおそれがあるので、専門業者に依頼した方が安全です。




■水漏れを発見したら元栓・止水栓を閉めよう



蛇口からの水漏れを発見した時は、修理の前に被害の拡大防止を考える必要があります。そこでまずは、水道の元栓・止水栓を閉めましょう。ここさえ閉めてしまえば水の供給が絶たれるので、蛇口からの水漏れは止まります。漏れた水を拭いたり原因を調べたりするのは、その後でも十分です。


なお、蛇口には常に水圧がかかっている状態なので、水漏れが発生しているのに放置しておくと、さらにダメージが蓄積して症状が悪化するおそれがあります。元栓・止水栓を閉めてしまえばこのような事態は防げるので、蛇口を守るためにも早めに対応しましょう。




■業者選びでは安さだけに飛びつかないで!



水漏れの修理を業者に依頼する時は、ネットで検索して安い会社に依頼する方が多いと思われます。しかし、ネットの情報は最低料金が掲載されているのが一般的で、実際の料金は現地で見積もりをしてもらわなければわかりません。複数の業者から見積もりを取って比較し、最も妥当だと感じた業者に依頼するのがおすすめです。


また、水漏れが発生したということは、それなりに年数が経っていて経年劣化が進んでいると考えられます。もしかすると、キッチンや洗面所そのものが替え時なのかもしれません。部品交換で済むこともありますが、状況次第でその後のリフォームなども相談できる会社の方が安心です。水漏れをサインと考え、水まわりを一度しっかりと点検してもらってはいかがでしょうか。



愛知県名古屋市のハイイ工業は、年間1000件以上の水まわりトラブルに対応してきた実績があります。キッチンや洗面所の水漏れはもちろん、トイレにお風呂場、洗濯場にお庭など、あらゆる水まわりのトラブルに対応可能です。急なトラブルにもスピーディーに対応いたしますので、お困りの時はハイイ工業までお気軽にご相談ください。